キャンプ登山ギア

【キャンプギア】ダイソーメスティンを比較レビュー

凄まじい人気のダイソーメスティン
近隣のダイソーを何回もチェックしに行きましたが在庫なし状態
しかし最近は落ち着いて来たのか普通に売られていたので購入してみました!
現在使っている快速旅団のメスティンと比較してみました。

メスティンとは

蓋つきの飯盒のことをメスティンと言うらしいです。
一般的にメスティンと言われるとトランギアのものを想像すると思います。
実際私も調べるまでは全く知りませんでした。笑
私が普段使っているのは快速旅団の【NS角飯盒】
大きさはトランギアのレギュラーサイズのメスティンとほぼ同じです。

価格の比較

  1. トランギアメスティン
    レギュラーサイズ 1,760円(税込)
    ラージサイズ 2,750円(税込)
  2. ダイソーメスティン 550円(税込)
  3. 快速旅団 NS角飯盒 5,390円(税込)

当たり前ですがダイソーメスティンは圧倒的に安いです。
私が使っているのは快速旅団のメスティンはテフロン加工がしてあるので非常に高い!笑

大きさの比較

  1. トランギアメスティン
    レギュラーサイズ 17×9.5×6.2cm
    ラージサイズ 20.7×13.5×7cm
  2. ダイソーメスティン 15×8×5cm
  3. 快速旅団 NS角飯盒 17.3×9.6×6.9cm

ダイソーメスティンが圧倒的に小さいですね。
箱を持った時にから小さくて軽い印象はありました。

実際に炊飯してみる

メスティンと言えばやはり炊飯!ダイソーメスティンの実力は如何に!

今回は米1号、米浸し30分、水200cc、固形燃料使用という条件で炊飯の比較をします。

私が愛用しているメスティンはテフロン加工がされているので、比較対象としては微妙ですが一応

まず無洗米を1合、水200ccを入れ30分浸します。

浸し終わったら固形燃料で火にかけて放置!火が消えるまで待ちます。

火が消えたらメスティンを逆さにして10分蒸らします。
このときタオルなどで包んで保温するといいそうです。

蒸らしが終わったら完成!!

快速旅団 NS角飯盒

ダイソーメスティン

どちらもお米自体に多少の焦げ付きはありましたが美味く炊けました。
メスティンへの焦げ付きは、テフロン加工をしている方はもちろんありません。
ダイソーメスティンは若干の焦げ付きが見られます。

洗ってみるとダイソーメスティンの焦げ付きは簡単に落ちたのでそこまで気になりませんでした。
しかもダイソーメスティンなら安価ですしゴシゴシ落としても気になりませんね😊

実際1度キャンプで使った際は串揚げの揚げ鍋に使い、油でギトギト状態になったのでステンレスたわしでゴシゴシやりました!笑
ガシガシ使えて個人的にはすごく気に入ってます☺️

比較まとめ

使い勝手はもちろん快速旅団のNS角飯盒が大きさや、テフロン加工などの点で圧倒的に使いやすいです。唯一のデメリットは価格が高いことくらいですね笑

一方、ダイソーメスティンは値段が圧倒的に安くソロキャンプでは小ささも気にならないと思います。多少乱暴に使っても安価ですし個人的にはあまり気になりません笑
デメリットとしてはファミリーキャンプなど大人数でキャンプをする際は容量が絶望的に足りませんので使い所がないのかな?とは感じました。まぁそれは他のメスティンにも言えることです😇

いずれにしろ最近在庫も増えて来てるようなので1つ持っておいて間違い無いと思います。
これを機会に飯盒炊飯にチャレンジしてみるのもいいですね☺️

ABOUT ME
きむ
夫婦でアウトドアをゆる〜く楽しんでます。 そんなゆる〜く楽しんだキャンプ、山登りをメインに紹介していきます。