キャンプ登山ギア

【キャンプ道具】イワタニ「カセットフー タフまるJr.」使用レビュー

きむ

こんにちはきむです。
今更ながらタフまるJrの使用レビューします。

2020年8月に発売されたカセットフータフまるJr.を今更ながらレビュー!
発売当初にネットで購入しましたが、実際に届いたのは10月でした。
これだけで皆さん注目していたことが分かりますね!
実際私はキャンプに毎回持っていく1軍のギアになっています。

タフまるJr.の概要

出典:IWATANI

以下、公式HPより引用(IWATANI カセットフー タフまるJr,)

本体サイズ286 (幅) × 192.5 (奥行) × 122 (高さ) mm
ケースサイズ320 (幅) × 252 (奥行) × 135 (高さ) mm
重量約1.6 kg(ケース込重量:約2.5kg)
カラー本体:オリーブ、キャリングケース:カーキ材質
材質本体:鋼板トッププレート:ホーロー用鋼板ごとく:ホーロー用鋼板バーナー:ステンレス鋼板器具せんつまみ:ABS樹脂
ガス消費量約169g/h ※1
連続燃焼時間イワタニカセットガス、パワーゴールド使用時:約102分 ※2
カセットガスジュニア使用時:約45分 ※2
点火方式圧電点火方式
安全装置圧力感知安全装置、他
容器着脱方式マグネット式
使用ガスイワタニカセットガス、イワタニカセットガスパワーゴールド、イワタニカセットガスジュニア
使用できる鍋の大きさ上面の内径が20cm以下(小さい鍋は鍋底が11cm以上)
付属品専用キャリングケース
生産国日本
※1 気温20-25℃のとき、30分間のガス消費量を1時間換算したもの
※2 気温20-25℃のとき、強火連続燃焼にてカセットボンベを使い切るまでの実測値

良かったところ、悪かったところ

良かったところ

きむ

一番良かったポイントはコンパクトなところと、専用キャリングケース!

我が家の元1軍ガスバーナーは【カセットフー マーベラスⅡ】です。
これがなーんか持ち運びが面倒だなと感じていました。

大きさの比較

マーベラスⅡタフまるJr.
380(幅)×329(奥行)×110(高さ)mm286 (幅)×192.5 (奥行)×122 (高さ)mm

写真で比べると圧倒的に小さいタフまるJr!なのに安心の安定感!!

マーベラスⅡの上にタフまるJr乗せるとこんな感じ笑


我が家はキャンプ時にキッチンスペースを作りません。
料理するときにその都度バーナーを出します。
マーベラスⅡだとテーブルが結構手狭になってしまうのが毎回もやもやしていました。

専用ケースの恩恵

マーベラスⅡに専用ケースがないので、WILD1オリジナルケース(トートバック型)で積載してました。
これが車に積みにくいし、本体の破損とか心配なんですよね〜😭
タフまるJrだと専用キャリングケースのおかげで、何かの下敷きで積んでも平気、何かの上に積んでも安定する。本体へのダメージを気にする必要もない。これ、、、、最高かよと思いました。

見ただけで頑丈そうなのが分かりますね。

きむ

次は性能部分の良かったところについて見てみましょう!

防風性能がとても良かったです!マーベラスⅡより風に強く感じます!

タフまるJr.ダブル風防ユニット

出典:IWATANI

炎に影響を及ぼす風は、外側風防と内側風防の2段階のプロテクトでさえぎります。2つの風防を備えることで、ごとくの上にのる鍋や調理器具の大きさ、形状にかかわらず、安定した遮風効果が得られます。一方、炎の燃焼に必要な空気は、内側風防の下から引き込み、安定した燃焼を支えます。

引用:IWATANI

今まで使っていて風に煽られて火が消えたことはありません。
マーベラスⅡのときは知らないうちに消えていること結構あったな。。。。

悪かったところ

きむ

通常サイズのCB缶だと缶がはみ出る。デザインが1種類のみってところですかね

通常サイズのCB缶だとはみ出す

正直私は全く気になりません。
見た目が気になるんだったらCBにカバー付ければいいし、IWTANIで出しているCB缶ジュニアサイズを使えばいいしなんとでもなります。
悪いとこなんてありません!完璧です☺️

こんな感じで出てきます。

気になる人は気になるかな🤔

デザインが1種類のみ

自分の好み、サイトのイメージに合わせて選びたい方には選択肢が1種類しかないのでデメリットになるかなと思います。しかしながらシンプルで可愛らしいデザインですしどんなサイトにも合うとは思います。

普通に可愛くて好きです☺️

実際の使用感

きむ

我が家の使用例で見ていきます。

我が家で主に使う調理器具類

  • SOTO 10インチダッチオーブン
  • ユニフレーム6インチダッチオーブン
  • トランギアメスティン(通常サイズ)
  • コールマン0.6Lケトル

それぞれ見ていきたいと思います。

SOTO 10インチダッチオーブン

ちょっとはみ出してますが使用には問題なさそうです。
ただし公式でダッチオーブンは8インチまでと言っているので自己責任で!

ユニフレーム6インチダッチオーブン

SOTOの10インチダッチオーブンに比べてピッタリサイズ!
通常このくらいの器具が想定されているんでしょうね。

トランギアメスティン(通常サイズ)

長方形のギアでも全体に火が行き届きそうですね!

コールマン0.6Lケトル

完全にぴったりですね!笑
ユニフレーム6インチダッチオーブンと同じくらいの大きさでしょうか?

全体的に我が家はソロ向きなギアが多いので、タフまるJrが重宝されるのかもしれません。
しかしSOTOの10インチダッチオーブンも問題なく使えますので、ソロギアじゃないとダメということはありませんよ☺️

まとめ

まとめとしてタフJrはこんな人にオススメできると思います。

  • コンパクトで安定感のあるシングルバーナーが欲しい方
  • 収納をすっきりさせたい方
  • 積載時の本体ダメージを気にしたくない方
  • 今のバーナーの防風性能に不満がある方

逆にオススメできない方はいないんじゃないかと思ってます!笑
料理メインでキャンプを楽しむ方にはそもそもシングルバーナーでは物足りないというのが、頑張って絞り出したオススメできないパターンです!笑

今は市場も落ち着いてますし、気になった方は是非購入してタフまるJrの良さを味わってみてください。
以上、参考になれば嬉しいです。