登山記録

乗鞍岳【日帰り登山】

登山してから期間が空いてしまいましたが、7月の立山からハシゴで乗鞍岳に日帰りで行ってきました。

3,000メートル級の百名山でアルプスの絶景が気軽に拝めるとあって期待しかありません。

コースタイム

畳平(6:40)→肩ノ小屋(7:20)→頂上小屋(8:00)→乗鞍岳「剣ヶ峰」(8:30)→肩ノ小屋(9:30)→畳平(10:30)

2021年7月25日 乗鞍岳日帰り登山

前日の立山を終えてメンバーとは昼ご飯を食べてから別れて

我々は松本市内のビジネスホテルに宿泊

来る人来る人がみんなザック背負っててアルプスの街のポテンシャルを感じます笑

乗鞍岳には始発のバスで行きたかったので18時には就寝して、深夜3時にホテルを出発しました。

我々は今回、岐阜側のほおのき平からバスに乗ります。

この日は晴れの日ダイヤの時刻表A!始発バス5時55分発です。

雨の日とかは5時台の始発がありませんので注意です。

詳しくは濃飛バスのHPを確認しましょう!!

この日はテンクラA予報でしたがガスガス
ガスがなくなることを祈ります

バスターミナル内の券売機で乗車券を購入し、バスが来るのを待ちます
ちなみに往復券2,500円です

本当はこの日からご来光バスが走っていたのですが、夜に降った豪雨で中止になってたみたい。

そのためか始発より早く臨時バスを出すというので早めにバスに乗れました!ラッキー!

約50分ほどバスに揺られて畳平に到着!!

ガスガスにガスっています!!笑

驚きの白さですが風もでていたのでガスが晴れることを期待して山頂を目指します!!

いや〜ついてないね〜なんて話しながら進んでいると

なんと!雷鳥さんに出会えました!!

は、初めて見れた!!

ヒナもいて可愛かった〜

もうこれだけで来た甲斐がある〜

テンション爆上げでガスの中を進んでいきます。

それにしてもガスがすごい!

分岐に注意して進みます

ガスガスを進んでいくと肩ノ小屋が現れました。

小屋の人も晴れるよ!!と言ってましたがすんごいガス、、、

登った感じではまず道迷いの心配はないくらい分かりやすい登山道でした。

眺望もないのでズンズン進んで頂上小屋に着きました!

小屋の中で少し晴れるまで待とうと思いましたが

頂上小屋は広くないので外でパンを食いながらしばらく待機しました。

南アルプス北部が見えるらしいけど晴れないガスたち笑

風もあって外で停滞するのは寒かったので諦めて進むことにしました。

頂上小屋から山頂はすぐに着きます。

サクッと頂上について三角点ゲット!!

そして山頂はーーーー!!!

ガス!!!笑

ガスです!!

少し晴れ間を待ちましたが諦めて下山を開始します。

またくるぞい!!

下山を開始するとちょこちょこ晴れ間が出てきました。

そして下からは続々と登山者が来て渋滞気味

早めに登っててよかった、、、

ズンズン下って肩ノ小屋まで戻ると

晴れました!笑

こんな山容だったんだ笑

せっかくなんで小屋でカレーうどんでも食べながら山を眺めます。
カレーうどん1,000円なり

めちゃめちゃ美味かった☺️

この後も晴れ間は続いて

不消ケ池もシッカリ拝めました!

畳平までキレイに見えました。

この後は10時50分のバスに乗りほおのき平に戻りました。

まとめ

乗鞍岳はまじでアルプス入門の山でした。

今回はガスがすごくて山頂の景色はダメでしたが、肩ノ小屋や畳平付近では晴れ間もあり乗鞍岳全体の景色が楽しめました。

畳平からでもあの景色なら山頂はいったい!!と次回のリベンジが楽しみです。

しかも今回は雷鳥さんに初めて出会えたこともありガスだったのも受け入れられます笑

雷鳥さんは晴れの時は外敵から身を守るのに岩間に隠れているらしいので、今回はガスのおかげで出会えたということになります!笑

実際、畳平まできてお花畑で散策、雷鳥さん探しも絶対に楽しいと思います。

登山沼に沈めたい友達がいたら乗鞍岳に連れてきたいと思います笑